« SP革命篇 | トップページ | SP革命篇のツボ(中編) »

SP革命篇のツボ(前編)

結局、前中後編に分けようと思いますが、それにしても長いっsweat01
よほどおヒマな時にでも、サクサクっと読んでって下さい。
野望篇の時も言ってましたが、なにぶん録画できるドラマ篇の時と違って、記憶だけが頼り・・
まぁ、6回観てもこの程度の記憶力?と笑ってやって下さい(^_^;)

①水の音から始まる冒頭。サムライ?尾形さんにはシェーバーより剃刀が似合う。ネクタイ締めて出かける尾形さん。部屋の鍵は置いて、かけずに出かけて行く。2度と帰らない事、次はここへ警察が踏み込んでくるだろう事を覚悟して。

②四係のいつもの朝。昨日の休みどうだった?なんて石田さんと山本くんの会話の中、出勤してきた笹本さん。昨日のお疲れか(笑)体バキバキ鳴らしてると、「おっさんみたいだな」つぶやく山本くん。そして容赦なく飛んでくるカバン・・やっぱこうじゃなくっちゃね~(( ≧▽≦))

足早に入ってくる井上くんは、背後に何を感じてるの?と思ったら新四係・・険しい井上くんの顔付き。

そして尾形さん出勤。「おはようございます」って、井上くんだけ言わないから、なんかやっぱ嫌な雰囲気が流れてるじゃんっ・・・

そこへ原川さん登場。原「また太った?」山「その言葉そのまま原川さんにお返しします」原「セクハラだぞ!セクハラ!セクハラ!」とイスを蹴るとこサイコー(( ≧▽≦))それを見ながらニコッと笑う尾形さん。この表情は以前通りの尾形さんなんだけどねぇヽ(;´Д`ヽ)

③今日の衣装を選ぶ伊達。「地味すぎないかな?」「今日は地味すぎるくらいで」という秘書に「そうだな。そうかも知れないな」こういう言い回しがなんか癇に障るんだよねこの人・・annoy

④テーマ曲と共に、いつもの装備に入るメンバー。石田さんが忍ばす写真に、山本くんの七三(笑)この曲かかるとなんかテンションあがるね~shine・・・でも曲終わりと共に、いつもと違うことが一つ。みんなが出てった後、井上くんの机に手紙を忍ばせる尾形さん。

⑤次の拳銃室(?)本日の警護対象者がうるさい野党党首という井上くんに、笹「ご愁傷さま」石「いい子にしてるんだぞ」山「真面目に働け」この畳み掛けるチームワーク最高!思わず苦笑いする井上くんの顔のカワイイことったら!

・・・一転して尾形さんが入ってきて2人になった緊張感。並んで装備するこの拳銃がこの後どうなっていくのか・・・明るい光をバックにする井上、暗い影の部分にいる尾形「井上、気を抜くなよ」「はい」なんかホントに怖い?切ない?シーンだったなぁヽ(;´Д`ヽ)
もう回数重ねて見てるとこのシーンで既に涙出てきちゃったりして・・・sweat02

⑥そして、動き出すテロリスト。リバプール班、記者班、見学者班・・とここで輪ゴム拳銃で遊んでるという余裕?

その頃、滝川のマンションに集まってる官僚の坊ちゃん達。最初に見た時は、え?こんなにメンバーいるの?ってビックリしたけど、そうなのね。他の人は何が起こるかは知らないんだね。とちょっと安心?そこへ電話してくる梶山理事官。「革命がなった暁には祝杯をあげよう」という滝川に「はい」と言うこの無表情な返事。これが後々わかってくるんだよねぇ

⑦集合場所の喫茶店に遅れてきた中里。「間に合って良かったな」に笑ってんじゃないよっ!!田中くん滅多打ちにしたくせにっ!(っ`Д´)っ・:∴

・・・と、病院で寝ている田中くんがピクリと意識を取り戻す。公衆電話から、「殺されかけました」ホント間一髪だったよねぇヽ(;´Д`ヽ) 「地雷を踏んじまったか」ここでの「本物の尾形総一郎は別にいます」って予告での一言にいろんな憶測が飛んだよね~sweat01(二重人格説、双子説なんかも飛び出してた 笑)

⑧それぞれの警護車両。シンクロに苦しむ井上くん。伊達に探りを入れられ、そうとは知らず「彼等とはこの後合流します」という笹本さん。この時の伊達と秘書の目線ったら。

そして伊達と尾形の回想シーン。「迷ってるのか?・・安心しろって。お前の計画は完璧だ」という伊達。「お前と俺とは生きる時も死ぬ時も一緒だ」って尾形さんが言い始めた時は、それが尾形さん自身のセリフかと一瞬ビックリしてしまった。伊達に言われたってことね。「あなたを信用していいですか?」のあとの伊達のセリフ、音が無くなって「え?何言ってんの??」って戸惑ってたら、近づく議事堂に覚悟を決める尾形さんの顔。パッと見開いたその目は、もう「悪意」そのものになっていて・・・

⑨議事堂へ到着した伊達が、「外の世界のことは頼むぞ」と秘書横溝に言い残し・・・梶山に電話する横溝「例の井上、今日は?・・」「今日は訓練日で・・」と言いながら書類を確認して驚く梶山。「尾形は私達の計画に気付いてるんでしょうかね?」と言う横溝に「そうだとしても、尾形と井上が手を組むことはありえない・・・」「切りますよ」の後に計画書を握りつぶす梶山の悔しそうな顔。コイツも使えないとばかりに・・警察内部の小波(←メガネの人ね。この人の名前なんだっけ?ってずっとモヤモヤしてたから、SPコミュでやっと見つけた時は嬉しかったなぁ)に連絡する横溝。コイツらは全く・・・sweat01

⑩そして、やっぱり圧巻だった議事堂のセット。まぁ本物も近くで見たことないけど、すごい精密さなんだよね。警護対象者を送ってきた井上くんが、議事堂内を見て何かを感じる・・そこへ伊達登場。ここいらも嫌な雰囲気だったねぇ・・・

最後に議事堂入りした麻田総理に「すぐにそこから引きずり下ろしてやるからな」とつぶやく伊達。私、この辺でやっと「あれ?結局ジミなスーツ着てないじゃんっ!」って気付く(遅いよっ!sweat01)秘書の薦めはどうなったのよ?

⑪笹本さんが合流して、揃った4人に、にらみを利かせる新四係。山本くんのセクハラ疑惑? 手を振る笹本さんを無視する青池。なんかどんどん嫌な子になってきてるなぁ・・で、結局は笹本さんのイジメが原因?そんな事言うから当然やられる山本くん(笑)ココはでこピンでしたっけ?

⑫さりげにトイレに向かった尾形さんが、石田に検索命令。「勝手に動くと衛視に睨まれませんか?」でも不審がる3人に「わかってるよ。でも係長の命令だ」こういう石田さんって好きだなぁ・・heart01

⑬官僚の坊ちゃん達のマンション。時間潰しのシュミレーションゲーム、滝川の回答が、実際に国会議事堂占拠の解説?になっているという上手い手法だこと。衛視が武器を持ってないという事で、唯一武器を携帯するSPがテロリスト側についたら、こうも簡単に制圧できるとは・・・SP強いしねぇsweat01

⑭見学者チームの東郷。今回この人が一番テロリストらしいっていうか・・・なんとも不気味なんだよねぇ。「テディベアのテディって誰か知ってる?」こんな怖い顔のおっさんに言われたら小さい子でなくてもびびりますって。

この広間の空いた台座の上に置いたこのテディベアの意味は?DATE→TEDA→テディっていうんじゃないか?って説。この後の展開を考えるとそれもある気がするなぁ・・・私的には、日本のトップなんて、簡単に挿げ替えのきくぬいぐるみみたいな幼稚なもんだ・・って厭味もあるのかなぁとか。

衛視に右足上げて地雷踏ませるとか、穴ぼこチーズの話とか、ホントこの人ったら憎ったらしいこと

⑮そして、集まってきたテロリスト達を従えて歩く尾形さん。これがねぇ永正記念館の警護に着く時にSP達と歩く尾形さんを思い出させて・・・sweat02

検索中の井上くんは、ついに倒れそうになる。笹「大丈夫?」井「大丈夫じゃないかも知れません」そうそう、大丈夫じゃないんだよ・・・sweat02

準備完了した尾形さんは他のSP達に「巻き込んですまなかった」と言うけど、霧島さんが強制ではなく自らの意思で・・・と答える・・・最初見たときは、尾形さん以外のSPは何で?って思ったけど、これもあとあとわかってくるんだよね

⑯尾形さんがドアに手をかけ、開いた!と思ったら「様子を見てきます」という井上くんで・・・今回、このドアが各所で上手く使われてたね~

そして、議場のドアも開き、乗り込んで行く尾形さん。その姿をいち早く見つける麻田総理。ここの一連の尾形さんの動きは何ともかっこいい。壇上の原稿を投げ捨てる様も、威嚇のために宙に向け撃つ銃も・・・そして、「国会議事堂は我々の支配下に・・・」と国民に向けてはなたれるメッセージも・・・「SPカッコいい!」とかっていう書き込みも確かにわからないではない・・・

⑰こんな時にも「チャンスですよ総理」という高島。「どうかしましたか?」と白々しい梶山。ホントこいつらは・・・

空港に降り立った田中君にも「緊急事態です」(以前の彼女役と打って変わってカッコ良かったね)「尾形か?」

映し出されるテレビの中の尾形さん。爆弾の真贋を疑われて(はったりですよ、とかノンキな官僚もいたりでね)スイッチを押そうとする・・その直前に麻田の顔を見るという一瞬のシーン。ここ最低でも3人は死んでるからね。尾形さんにも誰かを巻き添えにする可能性は高いという覚悟は必要で、心を鬼にするためにはどうしてもこの一瞬が必要だったんだと思った。

|

« SP革命篇 | トップページ | SP革命篇のツボ(中編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191347/51733814

この記事へのトラックバック一覧です: SP革命篇のツボ(前編):

« SP革命篇 | トップページ | SP革命篇のツボ(中編) »